水虫は何故なるの?水虫の原因とは!?

  • LINEで送る

No.02-001

強いかゆみを伴うことで知られる水虫。

男性に多いイメージを持たれがちですが、水虫は老若男女問わず誰でも発症する可能性のある皮膚病の一つです。

しかし何故、水虫になってしまうのか?
水虫の原因について紹介します。

水虫の原因はカビの一種「白癬菌」

水虫は、真菌(カビ)の一種である「白癬菌」という菌に感染することが原因で発症します。

白癬菌とは、人間の髪や爪、角質、また、動物の毛や魚の鱗などに含まれる「ケラチン」というたんぱく質を好み栄養源とする真菌(カビ)のことをいいます。

一口に白癬菌といってもその菌種は30種類以上あると言われており、水虫の原因として人に宿る「ヒト好性菌」の他に土に宿る「土壌好性菌」や動物に宿る「動物好性菌」などが存在します。

水虫は、この白癬菌が皮膚の角質層に感染し寄生することで発症しますが、その約9割は足に感染しやすいのが特徴です。

但し、足だけでなく手や爪、毛など身体のあらゆる部位に感染する可能性はありますので、足だけに発症する皮膚病という認識を持つのは危険だと言えます。

また、人から人へと感染していく為、身近に水虫を患っている方がいる場合、注意が必要となります。

水虫に感染する原因とは!?

水虫は、人から人へと感染していく真菌(カビ)です。

感染ルートとしては、既に水虫を患っている方の皮膚が垢として剥がれ落ちた際、その剥がれ落ちた垢の中に白癬菌がおり、その剥がれ落ちた垢を気づかずに他人が素足で踏んでしまうなど、触れてしまうことで白癬菌が付着。

白癬菌が付着しただけでは水虫を発症することはありませんが、白癬菌を洗い流す前に皮膚に傷などがあった場合はそこから白癬菌が角質へと入り込みます。

更に、皮膚の表面が水虫が発症しやすい高温多湿状態や汗や汚れが付着したアルカリ性の状態になっていることで白癬菌が増殖しやすくなり、こうした条件が揃った結果、感染によって水虫を発症してしまうのです。

白癬菌の感染を防ぐより、水虫になりにくい環境を作る

このように、水虫は白癬菌という真菌(カビ)に感染してしまうことが原因で起こりますが、白癬菌に感染しただけでは水虫が発症することはありません。

水虫を発症させてしまう大きな原因は、水虫の原因菌である白癬菌が好む皮膚環境になっているという点です。

白癬菌は、高温多湿でアルカリ性の皮膚を好み、こうした環境に晒されることでどんどん増殖していきます。

水虫を完治、予防させるには、原因を取り除くことが大切ですが、原因菌となる白癬菌への対処だけでなく、白癬菌を増殖させない環境を作ることも大切だと言えるでしょう。

\イヤな足の裏のお悩みを自宅で治したいならこれ!/
足裏のカサカサ・ゴワゴワ治療の最終兵器!94%以上が効果を実感した足裏お悩み治療薬

ClearFootVeil_300

何度も繰り返すしつこい足の裏のお悩み。再発防止に着眼する事で生まれたのがバリア型の足のお悩み治療薬「クリアフットヴェール」です。

成分には保水性や保湿性に優れてるCPL(環状重合乳酸)と足の裏のお悩み治療にアプローチすることで有名な「竹酢液」、肌質を柔らかくして浸透力を高める「サリチル酸」を配合。
この3つの実感成分で足の肌環境を整え、足本来の肌状態へと導き、「竹酢液」で長年のお悩みを確実に撃退します。

つまり、クリアフットヴェールは治療と再発防止を同時に行うことが出来る治療薬です。

また、クリアフットヴェールは一本全て使い切った後で効果がなければ全額返金保証してもらえますので、足裏のカサカサ・ゴワゴワにお悩みの際はぜひ試してみてください。

  • LINEで送る

このページの先頭へ