水虫を病院で治す!?病院での水虫治療と病院へ行くべき症状について

  • LINEで送る

No.14-001

水虫というと、市販薬で治すというイメージを持たれている方がとても多いですね。

ドラッグストアや薬局へ行くと水虫の市販薬が数多く販売されています。

しかし、こうした市販薬はあくまでも水虫の症状を緩和させるものであり、水虫の症状が軽度であれば完治も可能かもしれませんが、基本的に水虫の完治を目指すなら病院での治療を行う方が良いと言えます。

ただ、いざ病院へ行こうと思っても「どういった治療をされるのか」「このくらいの症状で病院へ行っても良いものなのか」など不安に思われる方も多いですね。

そこで、病院へ行くべき症状や病院で行われる水虫の治療について詳しく紹介します。

水虫になっちゃった!病院へ行くべき症状とは!?

水虫を完治させるには、やはり病院へ行くのが一番良いというのは言うまでもありません。

しかし、まだ症状が軽かったり、水虫か否か分からないなど、こういった状況だと病院へ行って良いものなのか悩んでしまうという方も多いですね。

恐らく水虫だろう・・・とは思っているものの、判断しきれない場合や症状が軽い場合、病院へ行って良いのでしょうか?

また、病院へ行くべき症状はどういった症状なのでしょう?

水虫かどうか判断できない症状がある場合

速やかに病院へ行きましょう。

水虫かどうかは、医師が判断できますし、水虫である場合には水虫の治療を、水虫でない場合であっても適切な治療を行ってもらうことができます。

水虫か否かを判断できない状態で病院へ受診しても全く問題ありませんし、素人判断よりも専門医に診断してもらうことで適切な治療を受けることができますので、気にせず病院を受診して下さいね。

水虫だけど、症状が軽度な場合

水虫の症状がある場合、軽重は関係なく病院へ行くべきだと言えます。

軽度の場合、病院へ行くのは悪いような印象を持たれている方も少なくないのですが、軽度かどうかは専門医が診ないと判断できませんし、症状が軽いと病院へ行ってはいけないなんてことはありません。

症状がある以上、軽くても重くても水虫という病気であることは間違いありませんし、症状の軽重は関係なく適切な治療を行わないと、悪化し完治しにくくなってしまいます。

症状が軽いから・・・と気負いせず、水虫だと感じたら速やかに病院を受診して下さいね。

水虫治療、病院での治療内容とは!?

水虫を完治させるには、病院で治療を行うことが最も有効だと言えます。

病院ではどのような治療を行うのか?
一口に水虫といっても、発症部位によって多少異なりますが、基本的には投薬治療となります。

患部に塗布する塗り薬と必要に応じて内服薬が処方されるケースも珍しくありません。

また、内服治療の中には「パルス療法」といって今までは毎日、内服薬を服用するのではなく、1週間服用を続けた後に3週間休止するというサイクルを3回繰り返し、完治を目指す方法もあります。

どういった治療法を行うかは、診察する医師が判断しますので一概には言えませんが、自己判断で治療を中止せず、医師が完治と判断するまで治療を続けることで水虫の再発を防ぐことができます。

\イヤな足の裏のお悩みを自宅で治したいならこれ!/
足裏のカサカサ・ゴワゴワ治療の最終兵器!94%以上が効果を実感した足裏お悩み治療薬

ClearFootVeil_300

何度も繰り返すしつこい足の裏のお悩み。再発防止に着眼する事で生まれたのがバリア型の足のお悩み治療薬「クリアフットヴェール」です。

成分には保水性や保湿性に優れてるCPL(環状重合乳酸)と足の裏のお悩み治療にアプローチすることで有名な「竹酢液」、肌質を柔らかくして浸透力を高める「サリチル酸」を配合。
この3つの実感成分で足の肌環境を整え、足本来の肌状態へと導き、「竹酢液」で長年のお悩みを確実に撃退します。

つまり、クリアフットヴェールは治療と再発防止を同時に行うことが出来る治療薬です。

また、クリアフットヴェールは一本全て使い切った後で効果がなければ全額返金保証してもらえますので、足裏のカサカサ・ゴワゴワにお悩みの際はぜひ試してみてください。

  • LINEで送る

このページの先頭へ