これって水虫!?セルフチェックしてみよう!

  • LINEで送る

No.05-001

自分が水虫かどうかよく分からないけど気になるという方も少なくありませんね。

水虫は、足以外にも発症する皮膚病ですが、水虫の80%以上は足に発症すると言われており、足にかゆみがあると「もしかして水虫?」と不安に思ってしまう方も多いようです。

そこで、自分でできる水虫チェックを紹介しますので、一度、セルフチェックしてみましょう。

水虫のセルフチェック!あなたはいくつ当てはまる!?

以下の項目から「はい」の数をチェックしていきましょう。

  • 手足に汗をかきやすい
  • 靴下を脱ぐと蒸れている
  • 足の指の間をあまり洗わない
  • 足の指に力を入れても開きにくい
  • 靴を長時間履いている習慣がある
  • 足が臭う、靴下や靴が臭う
  • 夏場など暑い時期になると足がかゆくなることがある
  • 外反母趾がある
  • 家庭内に水虫の人がいる
  • 足を見るとカサカサと粉を吹いている
  • 足の一部がじゅくじゅくしている
  • 足に水泡ができている
  • 足の爪がボロボロしている
  • 足の爪が白くなっている
  • 足の爪が変形している

いかがでしたか?
「はい」の数が5つ以上ある方は、水虫の可能性があります。

但し、このセルフチェックはあくまでも参考的なもので、このチェックの結果によって水虫か否かを診断することはできません。

その為、該当項目が5つ以下であっても明らかに水虫であろうという症状がある場合には、チェックの結果問わず、早めに対処または、専門医に診てもらうことをおすすめします。

水虫かもしれない・・・まずはどうしたら良い?

もしかしたら水虫かもしれない・・・
セルフチェックをしたところ、水虫の可能性が高かった・・・

こんな時、どうしたら良いのでしょう?

水虫は、市販薬で症状を緩和させることも可能ですが、完治を目指すのであれば、専門医に診てもらい適切な治療を行うことが有効です。

また、目視しただけでは水虫か否かを判断することは専門医でも難しいと言われています。

その為、水虫かな?という症状がある場合には、早めに病院を受診し、検査してもらうことをおすすめします。

水虫で病院へ行く場合、診療科目は何科!?

水虫は、白癬菌に感染することで発症する「皮膚病」となりますので、基本的には「皮膚科」を受診します。

水虫か否かよく分からないという場合でも、症状は皮膚に起こっていることになりますので、まずは皮膚科を受診しましょう。

仮に水虫ではなく、他の病気であった場合には必要に応じて適切な診療科を指示してもらうことが出来ますし、場合によっては紹介状を書いてもらうこともできますので、水虫かな?と思ったらまずは皮膚科を受診すると良いでしょう。

\水虫を自宅で治したいならこれ!/
水虫治療の最終兵器!94%以上が効果を実感した水虫治療薬

ClearFootVeil_300

何度も繰り返すしつこい水虫。再発防止に着眼する事で生まれたのがバリア型の水虫治療薬「クリアフットヴェール」です。

成分には保水性や保湿性に優れてるCPL(環状重合乳酸)と水虫の治療に有効な抗菌性があることで有名な「竹酢液」、肌質を柔らかくして浸透力を高める「サリチル酸」を配合。
この3つの成分で足の肌環境を整え、菌が繁殖しづらい足本来の肌状態へと導き、既に足に居る菌を「竹酢液」で原因菌を確実に撃退します。

つまり、クリアフットヴェールは治療と再発防止を同時に行うことが出来る治療薬です。

また、クリアフットヴェールは一本全て使い切った後で効果がなければ全額返金保証してもらえますので、水虫にお悩みの際はぜひ試してみてください。

  • LINEで送る

このページの先頭へ