温泉やプールは水虫菌の宝庫?公共施設利用後のアフターケアは忘れずに!

  • LINEで送る

No.18-001

温泉やプールで水虫に感染してしまったという話を見聞きしたことのある方も多いのではないでしょうか。

理由までは知らなくても、温泉やプールへ行くと水虫がうつるという話はよく聞きますね。

しかし何故、温泉やプールへ行くと水虫に感染しやすくなってしまうのか?

また、温泉やプールなどの公共施設を利用した後、どうすれば水虫を防ぐことができるのか?

詳しく紹介します。

温泉やプールといった公共施設で水虫に感染する理由

温泉やプールへ行くと水虫に感染しやすくなるという話は、よく言われていますが、温泉やプールということは水中で感染してしまうという印象を持たれている方も少なくありませんね。

しかし、実際の感染ルートは水中ではありません。
ではどこが感染ルートとなるのか?

温泉やプールの脱衣所を思い浮かべてみて下さい。

何となく湿っぽくて生暖かいような床、脱衣所の出入り口には足ふきマット・・・

どこの施設でもよく見かける光景ですね。

実はこの光景、つまり「湿っぽい床」や「足ふきマット」こそ、水虫の感染ルートとなります。

というのも、水虫の原因菌となる白癬菌は、高温多湿といった環境を好み増殖していく真菌(カビ)です。

その為、プールや温泉などの床は白癬菌にとって住み心地の良い環境となります。

更に、プールや温泉といった公共施設は沢山の人が利用しますので、利用者の中には白癬菌に感染している方がいる可能性も低くはない訳です。

つまり・・・プールや温泉の脱衣所の床や足ふきマットは、水虫の方が利用する可能性が高い上、水虫の方が利用することで白癬菌が床やマットに付着。

高温多湿という白癬菌の好む環境によって、白癬菌がどんどん増殖してしまい水虫でない方にも感染してしまう可能性があるということなのです。

プールや温泉を利用後のアフターケア

白癬菌に感染したからといってすぐに水虫を発症してしまう訳ではありません。

その為、プールや温泉などといった公共施設を利用した後は、水虫にならないようアフターケアを行うことで水虫の発症を防ぐことができます。

では、どういったアフターケアを行えば良いのか?
以下をご覧ください。

  • 帰宅後は速やかに足を洗う(※正しい足の洗い方はこちら
  • 外出時に履いていた靴の中を除菌スプレーし完全に乾燥させる
  • 外出時に着用した靴下は速やかに洗濯する

こうしたアフターケアをしっかり行うことで、仮に白癬菌に感染してしまったとしても水虫の発症を予防することができます。

また、すぐに帰宅できず不安という場合には、靴を履く前に除菌シートで足をよく拭いた上で足を乾燥させてから靴を履くだけでも大分違いますのでおすすめです。

  • LINEで送る

このページの先頭へ