水虫になりやすい生活環境とは!?

  • LINEで送る

No.03-001

水虫は、白癬菌という真菌(カビ)の一種に感染することによって発症する皮膚病です。

しかし、ただ白癬菌に感染しただけですぐに水虫を発症するという訳ではありません。

水虫を発症してしまうということは、白癬菌に感染したということにプラスして水虫になりやすい生活環境がいくつか重なった結果だと考えて良いでしょう。

では、水虫になりやすい生活環境とはどういったものなのか?
詳しく紹介します。

水虫になりやすい環境とは!?

水虫の原因菌となる白癬菌は、高温多湿という環境を好み増殖していきます。

もう少し具体的な数字を見ると、温度は20~40℃くらい、湿度は60~80%くらいの環境を好み、こうした高温多湿の条件が揃うことでどんどん増殖していきます。

この数字を見て気づく方もいるのではないでしょうか?

梅雨から夏、残暑が続く時期の人間の皮膚環境に似ていると思いませんか?

個人差はあるものの人の体温は36℃くらいですね。
また、汗をかくことで皮膚表面の湿度は60~80%となります。

つまり・・・汗をかく時期の人間の皮膚は、白癬菌にとって増殖しやすい環境となる訳です。

更に、生活環境によっては季節を問わず水虫を発症しやすくなるケースもあります。

季節問わず、水虫を発症しやすい環境とは!?

水虫を発症しやすい生活環境として以下のような習慣がある方は季節問わず注意が必要です。

ストッキングを履く習慣がある

これは女性に多いと思いますが、ストッキングを履く習慣がある方の場合、靴下を履く方に比べるとパンプスを始めとする靴を履くことで足が蒸れやすくなりますね。

白癬菌は、高温多湿という環境を好み増殖していきますので、ストッキングを履く習慣のある方の場合、白癬菌に感染すると水虫を発症しやすくなります。

通気性の悪い靴を長時間履く習慣がある

サラリーマンに多い傾向がありますが、長時間、革靴など通気性の悪い靴を履く習慣のある方も注意が必要です。

靴の通気性が悪いということは、靴の中が白癬菌の好む高温多湿状態となってしまう為、白癬菌に感染することで水虫を発症しやすくなってしまいます。

まとめ

水虫の原因は、白癬菌の感染によるものとされていますが、白癬菌に感染しただけですぐに水虫を発症する訳ではありません。

水虫を発症するまでには、白癬菌に感染するだけでなく水虫になりやすい生活環境におかれることが大きな原因となりますので、水虫になりやすい環境をできるだけ改善していくことで水虫の発症を防ぐことができます。

\水虫を自宅で治したいならこれ!/
水虫治療の最終兵器!94%以上が効果を実感した水虫治療薬

ClearFootVeil_300

何度も繰り返すしつこい水虫。再発防止に着眼する事で生まれたのがバリア型の水虫治療薬「クリアフットヴェール」です。

成分には保水性や保湿性に優れてるCPL(環状重合乳酸)と水虫の治療に有効な抗菌性があることで有名な「竹酢液」、肌質を柔らかくして浸透力を高める「サリチル酸」を配合。
この3つの成分で足の肌環境を整え、菌が繁殖しづらい足本来の肌状態へと導き、既に足に居る菌を「竹酢液」で原因菌を確実に撃退します。

つまり、クリアフットヴェールは治療と再発防止を同時に行うことが出来る治療薬です。

また、クリアフットヴェールは一本全て使い切った後で効果がなければ全額返金保証してもらえますので、水虫にお悩みの際はぜひ試してみてください。

  • LINEで送る

このページの先頭へ