足が臭い・・・これって水虫のせいなの?

  • LINEで送る

No.26-001

足の匂いに悩む方はとても多いですね。

足の匂いと言えば・・・「足が臭いのは水虫のせい」なんて話を聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

また、足の匂いは気になるけど、その他には水虫の症状がないという方も多く、それでもやっぱり水虫なのか?と不安に思われている方も少なくありません。

しかし、そもそも足が臭いと水虫であるということができるのか?
足の匂いと水虫の関係について紹介します。

足の匂いと水虫の関係

巷では足が臭いと水虫であるかのように言われていますが、結論からいうと足が臭いからといって必ずしも水虫であるとはいえません。

そもそも、水虫の症状に足が臭くなるといった症状はないのです。

では何故、足が臭いと水虫だと言われるようになったのか?
実は、足が臭くなる環境が水虫の原因の一つとして挙げられるからなのです。

足が臭くなってしまう大きな原因は「足の蒸れ」となります。

足に汗をかき靴の中や靴下の中、足そのものが蒸れてしまうことで雑菌が繁殖、繁殖した雑菌によってあの独特の匂いが発生し、足が臭くなってしまいます。

足が蒸れるということは?
足の皮膚は高温多湿状態になる上、皮脂や汗によって皮膚環境がアルカリ性に傾きやすくなります。

そして、こうした皮膚環境は水虫の原因菌となる白癬菌が増殖しやすい環境であり、水虫を発症しやすい環境となってしまいます。

つまり、足が臭くなるメカニズムと水虫になりやすい原因がリンクしているということですね。

足が臭いと感じたら・・・匂いの対策で水虫も予防

足が臭いからといって、水虫であるという訳ではありません。

しかし、足が臭いということは水虫になりやすい皮膚環境に陥っているということは間違いなく、この状態で白癬菌に感染してしまうと水虫を発症してしまうリスクは高くなってしまうと考えて良いでしょう。

その為、足が臭いと感じたら、匂いの対策、つまり、足の蒸れを改善するよう対策を取ることで足の匂いの改善、予防はもちろん、水虫の予防にも繋がるのです。

では具体的にどうしたら良いのか?
足の匂いを改善、予防する為に、以下を実践してみましょう。

  • 通気性の良い靴を履く
  • 足に汗をかいたらこまめに拭き取る
  • 靴下を着用し、蒸れを感じたらこまめに履き替える
  • 同じ靴を毎日、履き続けない
  • 1日履いた靴はしっかりと乾燥させてからシューズボックスに入れる
  • 帰宅後は足を正しく洗う(※足の正しい洗い方についてはこちら

このように生活習慣の中で、足の蒸れを改善、予防することで水虫の発症リスクも低減することができます。

始めのうちは面倒に感じる方も少なくありませんが、慣れてしまえば大した習慣ではありませんので、是非、実践してみて下さいね。

  • LINEで送る

このページの先頭へ